内田春菊,読書ぶんか社,内田 春菊,私たちは繁殖している

私たちは繁殖している12

まあ、加茂ちゃんのあたりを読んでいると、あんたも、ただ嫌いな人間、ネチネチいびってるよねぇと思わなくはない。
いや、卵なんて洗おうが洗わなかろうが、どうでもいいじゃんと、感じます。

まあ、ポジショントークっていうのは、生きがいな人は生きがいだからなぁ。
まあ、そのポジションで生きているんだから、大事だわな。

甘詰留太,読書ジェッツ・コミックス,ナナとカオル,リアル,甘詰 留太,白泉社

ナナとカオル8

まあ、自分を見つめて、自分をみがくことに。
うーん、見つめて、無理ってなって、どうせなら相手も破滅に……。というのが、リアルな気もするけれど、まあ、そういう展開ではなくて良かった。

挫折とどう向き合うかだよなぁ。

島本和彦,読書アオイホノオ,マンガ,小学館,少年サンデーコミックススペシャル

アオイホノオ16

行儀作法マンガも、読んで見たかった気もします。
しかし、あの勢いのある絵柄の新人に、なぜ、行儀作法マンガをかかせようと思ったのか、そこが知りたいです。

大暮維人,舞城王太郎,読書ジャンプ・コミックス,バイ オーグ・トリニティ,ヤングジャンプ・コミックス,ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ,大暮 維人,集英社

バイ オーグ・トリニティ8

まあ、その光が、本人だけではなくて、周りも巻き込んで、ものを潰していく気もしますが。

それぞれの「言葉」こそ大事な気もするのですが、全部が全部、本気ではなくてフェイクもある。自分自身が気づいていない嘘も。
だから、言葉で紡がれていく物語は、不安定で、難しくて、おもしろい。

エド・ブルベイカー,スティーブ・エプティング,ブッチ・ガイス,マイク・パーキンス,ロベルト・デ・ラ・トーレ,石川裕人,読書,近藤恭佳Butch Guice,ed brubaker,Mike Perkins,Steve Epting,エド・ブルベイカー,キャプテン・アメリカ,スティーブ・エプティング,デス・オブ・キャプテン・アメリカ,ブッチ・ガイス,マイク・パーキンス

デス・オブ・キャプテン・アメリカ バーデン・オブ・ドリーム

キャプテンを継ぐ者が必要。
でも、あまりにも神格化されたアイコン故に、いろいろな組織や人物の思惑が入り乱れる。

エピローグも、良い感じでものすごくお話が詰まっています。

いいアメコミ。

スティーブ・エプティング,Steve Epting
マイク・パーキンス,Mike Perkins,
ブッチ・ガイス,Butch Guice,
ロバート・テ・ラ・トーレー,Robert De La Torre,
エド・ブルベイカー,Ed Brubaker,
石川 裕人,近藤 恭佳
ヴィレッジブックス
発売日 : 2011-11-30