西原理恵子,読書マンガ,小学館,羽海野 チカ,西原 理恵子,西原理恵子の人生画力対決

西原理恵子の人生画力対決6

6巻でも、まだ最終巻でないやん(笑)
なんか、羽海野 チカとは、気があっている感じが出てる?

そして、最後、もうマンガ家ちゃうやん。
とうとう、ネタが切れたか?

荒川弘,読書ウィングス・コミックス,新書館,百姓貴族,荒川 弘,銀の匙

百姓貴族4

「銀の匙」は、どうなったのかな?

聞いた話ですが……というのが、好きです。ヤバいけど。

るろうに剣心,和月伸宏,映画,読書るろうに剣心,和月 伸宏,集英社,集英社文庫,集英社文庫(コミック版)

るろうに剣心5 明治剣客浪漫譚

「北海道編」は、結局、始まっているの??

十本刀集結、新しい逆刃刀、師匠にあってレベルアップと、静かに盛り上がっているところですねぇ。

佐々木倫子,小林光恵,読書おたんこナース,佐々木 倫子,小学館,小学館文庫,小林 光恵

おたんこナース1

今の時代に読むと、なんとなくアウトな表現もある気はします。おおらかな時代だった。
でも、その時代、その時代を、人は一生懸命生きた。その証で、今の価値観だけで批判しちゃいけない。そして、どっちの時代がいいのかは、だれにもわからない。ただ、だんだんとよくなってきているとは思いたいですけどね。

真面目だからこそ、面白いこと、コメディになっちゃうことっていうのはあって、そこに切り込んで、笑えるというのは、大事なことです。

永井豪,読書,鳥山英司ケルベロス,マガジンZKC,子ども,永井 豪,烏山 英司,講談社

ケルベロス2 Satanikus ENMA

パパは、熱い男だったという過去がちょっと入ってます。
チャランポランなところは……今のところ、子どもにする話ではないか(笑)

ちょっと年齢があがった「鬼公子炎魔」という話もあって、これは、イメージ的には、あの話の続きっぽい感じもします。あれでも、ギャグで終わっていたような記憶も。