原泰久,読書キングダム,ジャンプ・コミックス,マンガ,ヤングジャンプ・コミックス,原 泰久,集英社

キングダム35

内乱編が終わって、すぐに魏との戦いに。

政と呂不韋の決着まで あと1年

とかかれていますが、その1年がどれだけ長いのだろうと思うと、ものすごく……ワクワクしてくるのが、このマンガの良いところです。

さんりようこ,読書えりこクン、お茶!!,さんり ようこ,マンガ,少年画報社,歴史,YCコミックス

えりこクン、お茶!!2 新装版

この人のツィッターも、おもしろいからフォローしていますが、さんり ようこの中のおっさんは、いったいどうやって育ったんだろう(笑)

そして、ジャンプ……。歴史は繰り返す。
まあでも、自分が読んでないマンガだと、思いの熱量が違うのがわかる。それは、正しいことなのかどうかはわからないけれど。

ふぃーじょんぷろだくと、出番だぞ(古い)

中平正彦,読書つきロボ,ジャンプ・コミックス,ヤングジャンプ・コミックス,ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ,中平 正彦,破壊魔定光,集英社

つきロボ3

あぁ、最後は「破壊魔定光」みたいな話になって終わるんだと、ビックリしました。
ずっと、「プロジェクトX」的なノリで続くのだと思ってた。でも、それでこそ中平 正彦だなぁとも思います。

この人の中で、正義っていうのはなんだろうというのは、ずっと考えられ続けているんだろうなぁ。

内藤泰弘,読書ジャンプ・コミックス,内藤 泰弘,血界戦線,集英社

血界戦線8 幻界病棟ライゼズ

だんだんと、短いお話では収まりきらなくなってきているような感じですね。

クラウスは、世界が重なる前から牙があったようですね。てってき、向こうから来た人から思っていました。でも、霧の前から、向こうとの行き来はあったのか?
向こう側といっても、もしかしたら、いろんな世界が重なっているのかもしれないなぁ。

ところで、

「統合した時の私の技術は正確無比で」

ということは、分裂しているときは、その分だけウデが落ちているのでは……。大丈夫か??

永井豪,読書このマンガがすごい!comics,ダイナミックプロ,マンガ,信長,前田利家,宝島社,永井 豪

前田利家(下) 決戦!本能寺

信長や秀吉を凄い人とかくと利家が活きてこないし、利家ばっかり目立つとでもなぁとなるという難しさは、この時代の物語にはある気がします。
せめて、強い奴が敵陣営だとかきやすいのかな。