荻原規子,読書やまたのおろち,古事記,古事記えほん,小学館,日本の神話,荻原 規子

やまたのおろち スサノオとクシナダヒメ 日本の神話 古事記えほん3

2巻目の主人公も、スサノオ。
1番英雄らしいスサノオかな。
そういえば、4巻目でも、スセリヒメのパパとしてスサノオ出てくるんだよなぁ。いろんなところをつなぐ、ものすごい重要人物です。

おろちが、蛇という意味ではないとは知らなかったです。イメージはものすごい蛇なんですが。

今回も、表紙にシールが貼ってありましたが、これはきれいに簡単に取れました。
改善して良かった。

天狼プロダクション,牧野修,読書グイン・サーガ,グイン・サーガ外伝,ハヤカワ文庫,リアード武侠傳奇・伝,天狼プロダクション,早川書房,牧野 修

リアード武侠傳奇・伝 グイン・サーガ外伝24

改めて読みましたが、コレ、良いわ。好きです。
そして、この外伝すら飲み込んでいく正伝であって欲しいと思います。

それは、ものずこいプレッシャーかもしれないけれど。

なんだか、人間の世界にいるグインは、あまりノスフェラスのことが好きでないように感じるので、ノスフェラスのグインは、こっちのグインでいいのかもと思ったりします。

大今良時,映画,聲の形,読書大今 良時,映画,聲の形,講談社,講談社コミックス,講談社コミックス マガジン

聲の形3

将也の男女問わずのモテっぷりに、ちょっと納得がいかないものを感じたりもする3巻目(笑)
まあ、植野さんとの関係は、映画見ていても気づいたけれど、よりわかりやすくかかれています。そのせいで、余計に恵まれている感がなぁ。

ただ、そうすることで、映画では唐突に出てきた西宮さんの「つき」が、唐突でなくなる部分はありますねぇ。
高校生って(というか人って)、いろんな事を同時進行的に考えながら生きている。

いい感情も、どうしようもない感情も、否定するわけにはいかない。全部ひっくるめての自分です。

椎名軽穂,読書マーガレット コミックス,君に届け,集英社

君に届け27

爽子かわったねぇ。
メチャクチャしゃべるようになったし、自己主張も強く。そして、だんだん魔性の女に(笑)

そして、あやねちゃんの方は、なぜか純情少女に。

面白い。

柳広司,読書シャーロック・ホームズ,ジョーカー・ゲーム,トーキョー・プリズン,吾輩はシャーロック・ホームズである,新世界,柳 広司,角川グループパブリッシング,角川文庫,角川書店

吾輩はシャーロック・ホームズである

なんというか、良い感じで、嘘と史実がミックスされています。
まあ、それでも、この人の作風は軽やかというよりは、重い感じはあるのですが。それでも、「新世界」、「トーキョー・プリズン」に比べると、わたしにとってわかりやすいユーモアがあって好きです。

そしてまだ、「ジョーカー・ゲーム」にはたどり着かず、漱石の話があるようです。
その漱石は、この物語の漱石と繋がっているのかな。