峰倉かずや,読書マンガ,一迅社,峰倉 かずや,IDコミックス,ZERO-SUMコミックス

最遊記RELOAD5 文庫版

これで、「RELOAD」が完結かな。
あとは、「最遊記RELORD BLAST」に。これは、まだ完結していないようだし、文庫になるのまでは遠いかな。

前回ラストは、敵の巨大さを知った感じ。今回ラストは、烏哭に一矢報いたといって良いのかな。まだまだ、差は見せつけられた形ではあるけれど。

でも、ここで終わっていてもなんにも悔いはなさそうな、なんか男前な潔さをいつも感じるマンガです。

すごろくや,読書おうちでボードゲーム for ママ & キッズ,すごろくや,スモール出版,ボードゲーム,ボードゲームカタログ,ボ育て,子ども

おうちでボードゲーム for ママ & キッズ

スモール出版✕すごろくやのシリーズ第3段になるのかな。
今回は、「ボードゲームカタログ」よりも、さらに小さい子向けな感じですね。

ボ育てなんていうけども、まあ、自分が好きなものを子どもにも好きになって欲しいと思うじゃないですか。そういうとき、隣にあると心強い本だと思います。

小山宙哉,読書モーニングKC,宇宙兄弟,小山 宙哉,講談社

宇宙兄弟29

思いは、距離よりも強いのかもしれない。
そう思うこともあります。

距離と時間は、確かにものすごく強いものだけれども。

志村史夫,読書ワニブックス,ワニブックス【PLUS】新書.勉強ギライな子どもに「勉強の面白さ」を伝える方法,子ども,学校,志村 史夫,教育

勉強ギライな子どもに「勉強の面白さ」を伝える方法 わが子の「21世紀型学力」を伸ばす!

いや、いい題なんですけどね。
内容はねぇ。

この人、あまりにも自分が賢すぎて、多分、他の人間も全部自分と同じ様になんでも出来ちゃうと思っている感じが、ものすごくする。

子どもに知識なんか教えてはいけない。考えさせるんだ~。わたしは、子どもの頃に、考えてこんなことがわかった。それはね~(知識の羅列)という話の流れは何というか……。

うん、多分、この人自身は、学校無くても良かったかもしれないし、それが真実かもしれない。でも、とても多数の人間にとっては、多分、それ正解ではないから。

だいたい、この手の話をする人って、文化ってものをどう考えているだろうかとものすごく不思議に思います。今までの先人が考えてきた上にいろいろなものを積み重ねたからこそ今がある。1人の考えではわからないことでも、積み上げて考えられたからこそ、今がある。
わたしは、そう思います。

この人が言うようなのが、21世紀型学力だというのなら、多分、今以上に格差のあるひどい世界になっていくと思います。

この本の素敵な効果があるとしたら、読んだ人間に、毎度おなじみの学校不信を植え付けることかなぁ。そうすると、読んだ人は、自分の子どもの育ち方や学力の問題を、学校にせいに出来て、自分のことは反省しなくても良くなるので、ちょっと楽になるかもね。

久しぶりに、教育関係でひどい本を読んだ。

大今良時,映画,聲の形,読書大今 良時,子ども,聲の形,講談社,講談社コミックス,講談社コミックス マガジン

聲の形4

子どもの将也の言っていることも、植野さんの言ってることも、わかるんだけれども、それを肯定する気には到底なれないし、実は良い子だなんて到底言えない。
人にそんな風にあたるぐらいなら、人付き合いそのものをやめた方がマシじゃないかといいたくなる。

「殴っている方が痛い」

なんて理屈は、殴っている人間にだけ都合の良い理屈だと思います。

さて、後半。