骨太

沢村凜,読書

瞳の中の大河

ストーリーは、骨太です。
陰謀とか、秘められた部分はいろいろあるのですが、でも、読後感はストレートなお話を読んだなぁという感じがします。

不思議のないファンタジーで、まぁ、空想歴史物語みたいな感じです。
実はわたしは、北上 次郎とは違って、ファンタジーは不思議がある方が好きです。

大佐って、でも、あんまり好きなタイプではないです。実は。まじめに見えてるけど、実は意地っ張りで、いやなやつだよねぇ(笑)
でも、これは、これで一本通っている。
わたしは、銀爺こと鈴木 銀一郎の小説の男主人公の生真面目さを思い出していました。

終わったあとね、この世界でのいろんなキャラクターの話をもっと聞きたくなる。そんなお話。

でも、続編が出ないのが、多分、潔いのかな。

角川書店,角川グループパブリッシング
発売日 : 2011-10-25