水島新司,読書水島 新司,,講談社,講談社漫画文庫,野球狂の詩

野球狂の詩 水原勇気編2 新装版

すげぇなぁと思います。

水原 勇気といえば、ドリームボールなのですが、物語の2/3を経過して、まだ、ドリームボールはベールに包まれたままです。

わたしは、この人は、ノリでお話をつくっていく人かと思っていましたが、もしかすると、そうではなくて、けっこう緻密に計算されているのかも。

でも、ノリだけで、ドリームボールが出てきたのだとすると、それはそれで、けっこう凄いのですが。

ジョージ・R・R・マーティン,岡部宏之,読書george r r martin,ジョージ・R・R・マーティン,ハヤカワ文庫,ボードゲーム,七王国の玉座,早川書房,氷と炎の歌

七王国の玉座1 氷と炎の歌1

「七王国の玉座」、とうとう読み始めました。
なんか、途中で、訳者が変わって、大幅に訳が変わるというトラブルにみまわれているようですが……。
まあ、とりあえず。

「七王国の玉座 ボードゲーム」の方も、経験しました。
若干、夜更かししたつぎの日のフラフラ頭でやっていて、しかも、3年ほど前のとこということで、とりあえず、カラスがでてきたことぐらいしか覚えていませんが……。

これ1冊読んでも、まだ、原著の1冊の1/5ですからねぇ。まだまだ、序盤。キャラクターの顔見せという感じです。
登場人物が多いし、1章ごとに物語があっちにとんだり、こっちにとんだりして、ちょっと、誰が誰だかです。

でも、1章の長さは、ちょうどいいぐらいのものすごく読みやすい長さです。そして、読ませる。
ジョージ・R・R・マーティンは、しょっぱなからとばしていく人ではなくて、どんどんと盛り上げていくのがうまい人なので、期待しています。

今、気になる登場人物は、ジョン・スノウとティリオンです。
特に、ティリオン。好きです、こういう人。

 

川原正敏,読書川原 正敏,海皇紀,講談社,講談社コミックス

海皇紀41

基本的に、奇策のオンパレードになっちゃいますね。
まあ、そこがみどころではあるのですが。

海王は、どうなったんでしょう?

小林よしのり,読書小林 よしのり,幻冬舎,幻冬舎新書,政治,教育,日本を貶めた10人の売国政治家

日本を貶めた10人の売国政治家

まぁ、政治なんてものは、だれがやっても不満がでるもんではあるんだとは思うんですけどね。

それでも、今の状況や問題を変えていきたいのなら、教育には、金をかけるべきだとわたしは思います。
変えたいとは、思ってないのか?

藤子・F・不二雄,読書キテレツ大百科,子ども,小学館,藤子・F・不二雄,藤子・F・不二雄大全集

キテレツ大百科2 藤子・F・不二雄大全集

「キテレツ大百科」、完結です。

エンディングは、結論は覚えていたとおりでしたが、内容というかストーリーは、覚えていたのと全然違っていました。
なんか、庭で火に焼かれる大百科みたいな絵が頭に残っていたのですが、そんなシーンはまったくなかった。
多分、自分の頭の中でねつ造されたストーリーだったのですね。

まあ、そんなストーリーがあるのも、子どもの頃に出会ったお話ならではで、おもしろいではないですか。

この時代の人は、マンネリをあんまりおそれていないですね。
そこに、作品のおおらかなよさがあると思ったりしました。